経営 読書

起業家マインドが高まるおすすめ映画・書籍10選

投稿日:

LINEで送る
Pocket

最近は日本でも起業が増えてきました。今日は、そんな起業家を目指す人達、または既に経営をしている方に向けておすすめの起業ストーリーや経営者マインドが学べるおすすめ映画・書籍をまとめてみました。

スティーブ・ジョブズ

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズがAppleを設立し、株式上場を果たし、時代の寵児になるまでの話。その中には多くの闘争と裏切り、Appleからの追放などのドラマがありました。序盤から終盤までワクワクしたりハラハラしたりしながら夢に満ちた起業ストーリーが学べる作品です。

映画版はこちら。Amazonプライムなら無料で見られます。

ソーシャル・ネットワーク

ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグがFacebookを立ち上げ、成長させていくストーリー。かと思いきや、もちろんその描写もあるのですが、共同事業者との反目やアイデア盗用の訴訟などに巻き込まれていくというストーリー。結構起業の暗い部分もあるのですが、ワクワク感も伝わってくるという感じの起業ストーリーになっています。

マネーボール

貧乏球団「オークランド・アスレチックス」のゼネラルマネージャーとなった主人公が、「セイバーメトリクス」と呼ばれる、選手の評価や戦略をデータで分析する手法で、低予算で強い球団を育ててあげていくまでを描いた映画です。組織の中に資金や人材がいない場合どうやって勝つのか、どのような精神で望めばいいのかということが学べるという意味ではこちらもアントレプレナーシップを学べるといえるでしょう。

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

バングラデシュでの体験から、栄養失調で苦しむ人をミドリムシの大量培養で救いたい!という思いを持ち、ユーグレナを起業された出雲社長の経営理念、そして成長の過程についてご本人が書かれた本です。出雲社長の純粋で熱い思いがとても伝わってくる一冊です。

不格好経営

DeNA創業者である南場智子氏が、創業ストーリーを語った本です。不格好経営という書籍のタイトルからも分かる通り、DeNA創業から事業計画が思い通りに行かないことや、それを克服して成功に至る過程が南場さんの視点から赤裸々に描かれています。起業は計画通りいかないものですが、そうした部分のマネジメントをどうすればいいか、ということが学べる一冊です。

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

いわゆる「ペイパル・マフィア」で、ペイパルに創業参画したあとFacebookを見出した著名投資家、ピーター・ティール氏による著作。新しい何かを創造する企業をどう立ち上げればいいか、ということについて書かれています。

スティーブ・ジョブズ 脅威のイノベーション

「ジョブズ流 人生・仕事・世界を変える7つの法則」と題して、ジョブズが仕事や人生について活用してきたであろう法則について書かれています。「こんな時ジョブズならどうするか」ということがわかる一冊です。

法則1:大好きなことをする(キャリア)
法則2:宇宙に衝撃を与える(ビジョン)
法則3:頭に活を入れる(考え方)
法則4:製品を売るな。夢を売れ。(顧客)
法則5:1000ものことにノーと言う(デザイン)
法則6:めちゃくちゃすごい体験をつくる(体験)
法則7:メッセージの名人になる(ストーリー)

「へんな会社」のつくり方

はてなの創業者である近藤淳也氏が自らの会社を「へんな会社」と呼び、その創業ストーリーを語っている本です。最近のニュースで、近藤淳也氏が会長職を退任することが発表されました。「物件ファン」事業に新会社で注力するとのこと。そちらの動向も要注目ですね。

はてな創業者・近藤会長、代表取締役を退任へ
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1709/26/news092.html

ビジネス・クリエーション!

多くのベンチャーを輩出しているMITの起業家センターで人気授業をもつビル・オーレット氏が、MIT式の起業プロセスについて24の段階に分けて解説している本です。この本をよむと、実際にMITで教えている内容をわかりやすく知ることができるので、必読の一冊です。

起業家はどこで選択を誤るのか

スタートアップが陥りやすい「ジレンマ」について9つの視点から語っている本です。1万人の起業家データベース、有名・無名の起業家へのインタビュー、全米の起業家調査の収集・分析など、ワッサーマン教授10年間の研究をまとめたのが本作で、以下のようなトピックについて語られています。

●1人で起業するか、チームで起業するかを判断するポイント
●早い起業と遅い起業のメリットとデメリット
●誰と起業するかをどう決めるのか、相手によって考慮すべきことは何か
●肩書きはどうやって決めればよいか
●エクイティや給与はどう決めたらよいか
●いつ誰をどんな役割で雇えばよいか
●投資家とはどう付き合っていけばよいか
●ファウンダーCEO交代はどんなきっかけで、どのように起こるのか
●富とコントロールを両立した「起業家の理想」は実現可能か
●ブロガー、オデオ、ツイッター創業者の破天荒起業録
●典型的な「人の問題」に陥ったジョブズ&ウォズニアック

このように、沢山の本がありますが、最も大事なのは「実践」。
例えば週末に何かのプロジェクトにチャレンジしてみるとか、スモールステップを踏みながら自分でビジネスを興すことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-経営, 読書
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【保存版】「会計力」を鍛えるためのおすすめ本まとめ

読書の秋です。東芝の問題とか、企業会計に関する問題が絶えない昨今ですが、意外に体系的に会計を学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。 今回は、現代のビジネスマンに必須の「会計力」を鍛えるためにおすすめの …

AIを10倍深く理解するためのおすすめ書籍&資料10選

ディープラーニングの手法を取り入れたGoogle DeepMindのAlpha GOが2015年にプロ囲碁騎士イ・セドルを4勝1敗で破るなど、人工知能に関する注目が集まっています。産業での利用も進んで …

マーケティングをイチから学びたい人におすすめの書籍7選

ちょっと需要がありそうだったので、マーケティングに関する書籍なんかをまとめてみます。 もし他にあればぜひコメントでお寄せください! USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティ …

KADOKAWAの新人漫画家への仕打ちを描いた漫画が壮絶すぎる件

『とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話』という漫画を読んだ。 作者は『桜色フレンズ』を描いた新人漫画家の佐倉色さん。 今『けものフレンズ』で話題のKADOKAWAの編集者との間に起こったバトル… …

Fintechとは何か?が分かるおすすめ書籍&資料8選!

最近話題のFintech。ビットコインに代表されるような仮想通貨の話題から、Readyfor?やCampfireなどのクラウドファンディング、MoneyForwardなどの資産管理アプリ、freeeな …

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

はてなブックマークで人気